他の話を読む

次を読む

はじめに戻る

ももたろう

はじまりはじまり

「おや、あの大きな桃は何だろう。うちへ持って帰ろう。」

どんぶらこっこ すっこっこ どんぶらこっこ すっこっこ

 

「まぁ、元気な子。おじいさん。うちには子どもがいないから、この子どもを育てましょう。」

「そうしよう。おばあさん。子の子どもは桃から生まれたからももたろうという名前にしよう。」

「では、ちょっと鬼を退治しにおにがしまへ行ってきます。」

「気を付けて行っておいでももたろう。」

「さあももたろうこのきびだんごを持っておいき。ちゃんと帰ってくるんだよ。」

おぎゃーおぎゃー

ぱかーん!

おばあさんは大きな桃をうちへを持って帰りました。

おじいさんが帰ってくると桃をわってくれるようにおねがいしました。

おじいさんが桃をわると中から赤ちゃんが飛び出してきました。

「ももたろうさん、きびだんごを分けてください。

その代わりおにがしまへおともします。」

旅の途中でももたろうと犬は、腹ぺこのさるに出会いました。

むかしむかしあるところにおじいさんとおばあさんがいました。

おじいさんは山へしばかりに、おばあさんは川へ洗たくに行きました。

おばあさんが川で洗たくをしていると大きな桃がながれてきました。

ももたろうはすくすく育ち、日本で一番強い若者になりました。

その頃、鬼が人間に悪さをするようになりました。

ももたろうが一人で鬼退治に行くことになりました。

「ももたろうさん、きびだんごを分けてください。

その代わりおにがしまへおともします。」

旅の途中でももたろうは、腹ぺこの犬に出会いました。

「ももたろうさん、きびだんごを分けてください。

その代わりおにがしまへおともします。」

旅の途中でももたろうと犬とさるは、腹ぺこのきじに出会いました。

ももたろうと犬とさるときじは、おにがしまを目指しました。

「お前たち!何をしている!」

しかし鬼の大将が目を覚ましももたろうたちは見つかってしまいました。

鬼を倒したももたろうは、鬼たちが村からぬすんだ宝物を持って帰りました。

そして犬とさるときじにお礼を言ってておじいさんとおばあさんの元へ帰り

幸せに暮らしましたとさ、

めでたしめでたし。

長いこと歩いてようやくおにがしまに着きました。

おにがしまでは、お酒でよっぱらった鬼たちが眠っていました。

眠っているすきに鬼をなわでぐるぐるにしてしまいました。

「とうとうおにがしまに着いたぞ」

犬は鬼の足にかみ付きました。

さるは鬼の背中を引っかきました。

きじは鬼の目ん玉をえぐりました。

そこへももたろうがとどめに刀で鬼を倒しました。

「悪い鬼をやつけてしまえ!」